1. HOME
  2. 特別CLASS
  3. イベント
  4. 音ヨガと脳波

音ヨガと脳波

〜現代人は脳が疲れている〜

ストレス社会と呼ばれる、日本の現代社会。スマホやパソコンの普及により、昔に比べて入ってくる情報量は膨大なものとなっています。それに伴い、昔と種類の違う、不調やストレスに苛まれている現実。そんな社会に向けて「ヨガの伝統と叡智」をどう融合させていくのか。今回のKENGO先生のワークショップ/イベントは脳疲労にフォーカスした内容になっています!!

脳疲労に効くヨガ

「音」×「YOGA」= ストレスからの解放

日頃ヨガをしているのについつい力んでしまったり、日常生活でも肩や首のこりを感じてしまうヨガのプラクティショナーの方って実は少なくないと思います。これらは、ストレスや自律神経の働きの乱れから、身体が常に力んでいる状態にあることから生まれています。

東洋医学では、内臓臓器の不調、脳がキャッチしている精神的ストレスや緊張は、筋肉の力みやこわばりとなり、身体の気の流れの滞りを『気滞』といいます。

この『身体の力みをとるヨガ』では、経絡上に気の流れをつくる規則性を持った動きにて、身体の中に溜まった力み、つまり『気滞』を回収してゆくセラピーの側面をもった自然治癒力を高めるビンヤサを行います。ラストの長い長いシャバーサナは、Kengo先生の真骨頂、音ヨガです。思考を落ち着かせて、頭と身体に静寂をもたらしたら、身体の力みと脳疲労から解放された自分に出会うことになるでしょう !

脳疲労
  • 内容
  • 対象

KENGO先生が主宰するQuiet Timeの大人気ワークショップ「音ヨガ」。スピリットヨガスタジオでも過去に開催され大人気のワークショップが、パワーアップして帰ってきました。今回は現代人の悩み、脳疲労について深く学んでいきます。過去に音ヨガに参加された方も新しい学びになりますのでぜひ参加してください。

どなたでもご参加していただけます。
【こんな方にオススメ】
・ポーズをしている時ついつい力んでしまう人
・経絡の流れをポーズに見出し、力まずにポーズをとりたい人
・ストレスや自律神経の 働きが乱れから首のこりや肩こりなど身体が力んでいる人

野村賢吾

ヨガの伝統と都会的な洗練さの融合!
「Dharana to Tokyo」

東京で開催された、ヨガの伝統と都会的な洗練さの融合!
伝統的なヨガの教えを現代につなげていく。
斬新でスタイリッシュなヨガのイベント「Dharana to Tokyo / ダラナ・トゥ・トウキョウ」。DUSKの取締役でもあるKENGO先生が主催され固定観念を吹き飛ばしてくれる切り口で、大成功を収めたイベント。このイベントのテーマも脳疲労。みなさんもぜひ大阪でストレスから解放されましょう。

 
KENGO先生のWSやイベントはすぐに満席になります!!大人気のためご予約はお早めに!!
 

野村賢吾

KENGO
ヨガインストラクター、鍼灸師
立教女子短期大学非常勤講師
True nature/Creative Director
スケートボードカルチャーの影響を受けながら過ごしたサンフランシスコで怪我をきっかけにヨガと出会う。ヨガを”音”で表現する『音YOGA』の第一人者で鎌倉でQuiet timeを主宰。ヨガとクリスタルボールの生演奏を組み合わせた独自のスタイルでヨガを表現する。深いリラクゼーション効果と聞く瞑想の『音Yoga』は全国でワークショップが開催される。より深く身体や心を理解するため医療系の専門学校で解剖学、生理学、東洋医療、鍼灸学を学び、専門機関での解剖実習や臨床実習にも参加している。

日程

5/18Sat
19:00-21:00

定員

25名

料金

4,500円(税別)

Kengo先生オリジナルCD販売

・クリスタルボウルのシャバアサナ、瞑想用CD(50分)付き書籍:1,400円(税込)
・動くヨガクラス用ミックスCD(60分):1,500円(税込)
※価格は、予告なしに変動する場合がございます。

WS/TT/EVENT

| イベント