1. HOME
  2. 特別CLASS
  3. イベント
  4. オンライン/ヨガ安全指導員講習会HAIDAR ALI Yoga Studio

オンライン/ヨガ安全指導員講習会
HAIDAR ALI Yoga Studio

「ヨガ安全指導員®」制度とは?

「ヨガ安全指導員®」制度とは、安全講習会と賠償責任保険「ヨガの保険™」の2つで構成されています。

安全講習会/受講時間3時間

ヨガの知識を有する者(概ねヨガアライアンスのRYT200程度)がヨガのレッスンを安全に行うための知識を学ぶことはもちろん、いざという時のための応急手当などを身につける講習会です。修了者には、IDカード(指導員証)を発行します。知識として「知っている」からと言って、アクシデント時に「とっさにできる」とはかぎらず、定期的な研修と日々の訓練が大切です。
最低年1回はアップデートの安全講習会受講が必須です。安全な指導方法を確認する日として毎年受講してください。

賠償責任保険「ヨガの保険™」

ヨガインストラクターを賠償事故から守り、より安心して指導に専念できるよう、「ヨガ安全指導員®」賠償責任保険をスタートします。安全講習会受講後、一般社団法人 日本ホリスティックヘルスケア協会に入会していただくと、翌月1日より自動的に補償がスタートします。

ヨガ安全指導員制度

「ヨガでケガをした人が7割」

事故にそなえるヨガインストラクター向けの賠償責任保険
「ヨガの保険™」の提供を開始します。

ヨガスタジオの急増やインストラクターの増加により年々ケガをしてしまう人が増えています。
ヨガ安全指導員安全講習会は毎回100名を超えるインストラクターが集い、安全な指導方法やヨガ指導者の役割、業務範囲(ヨガと医療行為の違い)などを議論してきました。今後はSAFE YOGA STUDYを発展させ、2018年1月より、ヨガの安全講習会とヨガインストラクター向け賠償責任保険「ヨガの保険™」の加入を組み合わせた「ヨガ安全指導員®」制度を開始します。5年間で全国に約1万名の指導員を育成し、安全にヨガを実践できる環境づくりを全国に拡げていきます。第1回目の「ヨガ安全指導員®」安全講習会は、2018年1月29日(月)に東京で開催し、賠償責任保険の引き受けは三井住友海上が担当します。

*安全講習会では、一般的なヨガ指導中のケガ等のリスクを低減する内容をお伝えします。補償の対象にさまざまなスタイルのヨガ、あるいはヨガの要素を取り入れたトレーニングも含まれますが、安全講習会でそれらを対象とした特別な内容は提供しておりません。

ヨガ安全指導員保険

ヨガインストラクターとして働く方たちの9割以上が業務委託で複数スタジオに勤務しています。また、近年のヨガブームにより、経験の浅いインストラクターが無保険で活動しているのが現状です。 安全講習会で安全なヨガの指導方法を学ぶことはもちろん、万が一の事故の際、「ヨガの保険™」を活用してください。 なお、対象となる事故は、法律上の損害賠償責任を負った場合に限ります。(*今後は要望の多い長期所得補償保険も導入を検討していきます)賠償責任保険の引き受けは、三井住友海上が担当します。

保険内容や、講習会の詳細は公式サイトをご覧ください!!

東京・代々木から、
HAIDAR ALI Yoga Studioに同時生中継

安全講習会プログラムならびにハンドブック監修の中村尚人氏による安全講習会を、HAIDAR ALI Yoga Studioでも受講できるようになりました。テレビ会議システムを使用し、東京・代々木からこちらのヨガスタジオにて同時生中継します。受講 者は授業をリアルタイムで見て、質問もできます。

「中村尚人先生の講座は受けたことはないけど、受けてみたい・・・」

「安全講習会には興味があったけど、今まで地元での開催がなかった・・・」
という方、ぜひご参加ください。

日程

9/21(sat)
16:00-19:00

受講料

受講費25,000 円
(入会費、年会費含む・保険付帯)

対象者

ヨガインストラクター
(特にフリーランスやプライベートレッスンを提供している方)

場所

【大阪会場】
HAIDAR ALI Yoga Studio
(場所は公式SITEをご覧ください)

WS/TT/EVENT

| イベント