日本語 / English

シンプルに生きるためのヨーガ~Yoga is a way of life〜 ヨーガをもっと深めるWS〜伝統の叡智に触れる〜Amrita Toshi 2019(大阪)

 シンプルに生きるためのヨーガ~Yoga is a way of life〜 ヨーガをもっと深めるWS〜伝統の叡智に触れる〜Amrita Toshi 2019(大阪)

2019年5月30日(木) &6月6日(木)
ヨーガをもっと深めたい全ての方へ〜伝統の叡智に触れる〜


2019年5月30日(木)
【身体と心を磨くアーサナプラクティス(アーサナ)】


ヨーガとはライフスタイル、生き方のことであると伝統的には教えられています。
本場インドで教え継がれている、アーサナの意味を理解しながら、 誰とも比べることなく、自分自身にとって必要なアーサナの実践を深めて行きましょう。
今回は、シンプルで奥が深い、意外と見落とされがちな基本ポーズ、 タダーサナ、ダウンドック、そしてスタンディングの的確なアライメントと、繊細な動きを学んでいきましょう。
また、各アーサナに必要な身体の各部位に働くオープナーも実践していきます。
一見、大変そうに見えるアドバンスポーズも、実は基本ポーズをしっかりと理解して着実に練習すればシンプルなポーズになります。
逆に基本のポーズこそ実は一生かけて練習することになると言っても過言ではありません。
身体の軸を使いながら、無駄なく動き、力ではなくプラーナで練習するアーサナを実践しましょう!



2019年6月6日(木)
【ヨーガの教え、質疑応答(座学)】


ヨーガの源は、何千年も変わることなく受け継がれている、ヴェーダと呼ばれる知識体です。
そこにはヨーガの本質、人が幸せに生きるための方法、そして私とは何者なのかと言うことままでが、全て教えられています。
普段私たちが実践している、アーサナや呼吸法、瞑想は何のために行うのでしょうか?
その本当の意味を理解するこでヨーガが一歩格段に深まります。
そのカギが、伝統的なヨーガの教え(哲学)にあります!
哲学本を読んで自分でその教えを理解しようとすることは限界があります。
今この瞬間もインドで、変わることなく受け継がれている伝統の「知識」にふれることで、 客観性が育まれ、その限界を超えていくことができます。
今回は、ヨーガ・スートラやバガヴァッド・ギーターなどの聖典の意味を深めていく ヨーガ哲学の全体像を、インドでの暮らしや、旅の様子をふまえて分かりやすくお伝えさせていただきます。
普段、先生に直接聞くことのできないことや、疑問にお答えする質疑応答の時間も設けています。

IMG_7580.JPG
【詳細】


日程:
①2019年5月30日(木) 14:30〜16:30
②2019年6月6日(木)   14:30〜16:30

場所:スピリットヨガインターナショナルヨガスクール
対象者: どなたでもご参加いただけます。初心者の方も大歓迎です。
持ち物: 筆記用具
料金:
各日 6,000円+税 (①5/30のみ ②6/6のみ) 
両日11,000円+税 (③5/30.6/6の両日) 

★両日ご参加がお勧めです。★お申込時に、ご参加日①②③をお申し付けください。
マット代は含まれます。
定員:
22名(スペースが限られております。お早めにご予約お願い致します)

講師について: Amrita Toshi(アムリタ トシ)

IMG_7493.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 単身アジアを巡り、2002年旅の最終地インドにて、ヨーガに出会う。
聖地バラナシで 最初の師Sri M.L Sonkar Jiと寝食を共にしながら本質を学ぶ。
その後、京都大学で二年間インド哲学を専修。
年間の半年をインドで過ごし、Sri K Pattabi Joisの直弟子Certified teacher, Rolf Naujokatと妻Marciの元でアーサナプラクティスを長年深めている。
ヴェーダ文化に生きる人々の暮らしの傍で過ごし、インド各地の寺院を巡礼。
伝統的なヴェーダーンタの知識をArsha Vidya Mandirにて学び続けている。
アシュターンガとアイアンガーの知識が統合された的確な教えは、トシのティーチングの隅々まで行き渡り、情熱的でまっすぐな言葉の一つ一つは、多くの人の考えに明かりを灯す。
それは、マットの上だけにとどまらない生き方としてのヨーガに、自身の人生を捧げているからであろう。


Amrita Toshi HP
http://namah-shivaya.com/
Facebook
https://m.facebook.com/amritayogashala/
Insta. amritayogashala
yoga_alliance_side_banner_2014_jpn.jpg
  • Spirityogaosaka youtube
  • facebook
  • Twitter