STUDENT'S VOICE

生徒さん/卒業生の声

全米ヨガアライアンス200時間認定

卒業生や受講中の生徒さんの声をお届け

SUMIYO先生のボディメンテナンスを受けての感想

【現在受講している、Takako】
これまでクラスやワークショップを受けさせて頂いてるのですが、いつも素敵な笑顔で、自然体な先生が大好きで、会うとパワーをもらえます。今回のTTでも先生の時間がすごく楽しみでした。今回は膝の痛み、肩がなぜ上がりにくくなったのか、生理痛の悩みなど、原因とケア方法、今後の筋肉の使い方を解剖学的なお話を交えて詳しく楽しく教えていただきました。しっかりと知識を得て怪我をしない身体づくりをしていかないといけないと改めて思うことが出来ました。sumiyo先生、ありがとうございました。そしてTTの授業の中に今回の時間を作って頂き、ありがとうございました。残りの時間も後悔のないように練習をしていきます。

【現在受講している、Kana】
解剖学を交えての授業だったので所々難しいお話で理解するのが難しい部分もありましたがとても興味深いことばかりで楽しかったです。
みんなの質問や体の悩みに対してもよりわかりやすく、すぐに取り入れることのできる動きや自宅でもできるストレッチを教えてくださったので、すぐに自分の私生活に活かすことができるしのがとても良いなと思いました。私も教える立場になったときは、生徒さんにそうやって思ってもらえるように説明してあげれたらいいなと思います。またアーサナをとるときも解剖学を理解した上でするとより安全に、そして的確にターゲットエリアにフォーカスを当てられるので、もっと解剖学を勉強したいという気持ちも強くなりました。先生の雰囲気も明るく楽しくお話して下さるので3時間の授業があっという間に終わりました。

【現在受講している、Kaz】
私は左右の足の筋肉のつき方、柔らかさが違うので、質問させて頂きました。
足は、骨が左右違うかもしれないのですが、足よりも背中が硬いことが問題だとゆうことを教えて頂きました。背中が硬いなとは自分でも自覚してましたが、背中の硬さが足にも繋がっているとゆうことに驚きました。背中が硬くて、呼吸も入っていっていないことも再認識できました。また、背中をほぐすマッサージも教えて頂けて、知りたかったことを教えて頂けて良かったと思います。

RYT200

全米ヨガアライアンス200時間認定

RYT200

卒業し、熊本で活躍している卒業生
MAI先生

以前、スピリットヨガスクールの全米ヨガアライアンス200時間認定養成講座を受講したMAI先生。なんと、熊本からの参加でした。なぜ熊本から遠く離れた大阪を選んだのか。なぜスピリットヨガスクールに決めたのかなどをインタビューしましたのでぜひ読んでみてください。きっと受講を悩まれている方たちのアドバイスになると思います。

全米ヨガアライアンス500時間

【①まずマイさんの今現在の活動を教えてください】
熊本市にある隠れ家サロン「いごこちいい場所 ほのほの」で、呼吸法、アーサナ、瞑想の3本柱を軸に、基本のハタヨガ、リラックスヨガを主婦の方、OLの方へお伝えしています。

【②マイさんがヨガを始めたきっかけを教えてください。】
福岡で仕事をしていた時。仕事とメリハリをつけたいということと、肩こり、腰痛がひどかったので、リラックスしたいと思っていた時に、近所にステキな看板のヨガ教室があり、吸い寄せられるように入ったのがヨガを始めたきっかけです。

【③ヨガを始めてから変化はありましたか?】
始めた当時は、とにかく体全部がカチコチでとても硬く、猫背でもあったので、体の変化は一番分かりやすかったです。
初めはポーズについていくことに必死でしたが、ヨガを深めていくに辺り、体の正しい動かし方、アライメント調整といった目に見える自分自身の細かい部分に気づけるようになり、そこから気づきが呼吸や体から発する声、心情の変化、そういった内側のことへと変化し、、物事の見方も主観的ではなく、客観的にみる目が培っていることに気づきました。その気づきの目が日常生活でも繋がっていき、次第にヨガを通して学んだことが普段の生き方にもつながる、心のゆとりを持てるようになる。そう知った時、ヨガを通して自分自身が変わったんだなと感じるようになりました。

【④ヨガの先生を目指そうと思った理由は何でしたか?】
タイミングが合った時に、深くヨガを学んでみたいなという思いは、ヨガを始めて1年くらいたった時に思っていました。そして、学びたい!と決意をしたのは、家族が病気を患い、今までの生活の中に家族のサポートが加わるようになってからだと思ってます。何事にも自分のことは二の次と考えがちで、立ち止まらずに無理をしすぎる性格と、目まぐるしく変化する環境に、心と身体がついていかなくなる時期を味わった時、ヨガは自分と向き合い、自分を大切にすることの重要性に気付かせてくれました。ヨガは、その時の自分の心と身体に時に癒しを与え、時にエネルギーをもたらしてくれる、、常に本来の自分に”寄り添ってくれる存在”だと感じています。なので、私と同じように目の前のことに頑張りすぎてしまう方、自分に負荷をかけすぎてしまう方、毎日が忙しすぎて、自分の為の時間が取れない、、、
そんな方達に、ヨガの楽しさ、癒しだけでなく、
身体を強くすること=心を強くすること
自分の声に耳を傾ける時間を持つこと
=日常的に心のゆとりを生み出すことといった、
ヨガ=生き方に繋がっていくことなど、
ヨガは”その時の自分に必要なことを教えてくれる存在”いうことをシェアしていきたい思い、インストラクターになりました。

RYT200

【⑤マイさんがスピリットのティーチャートレーニングを受けようと決めた理由はどんなものだったのですか?】全国各地にあるティーチャートレーニング。
住まいが熊本ということもあったので、通えるか?という所も考慮をしなくてはならなかったので、選ぶのに相当悩んだのを今でも覚えています。
ただ、せっかく学ぶのであれば、私自身が学んでみたいと思う先生に教わりたいと感じており、そこに浮かんだのがハイダー先生のスピリットヨガでした。1度だけレッスンを受けたことのあったハイダー先生のレッスン。ただヨガを伝えるのではなく、空間作りや言葉、目に入らない所まで目の行き届いたレッスンは、たった1度であっても非常に心に残っていました。最後にレッスンを受けてからティーチャートレーニングを受けるまで、4年以上経っていたと思います。あらゆる条件とタイミングが重なったこと、ハイダー先生からヨガとは何か、基本を学んでみたいという気持ちが合わさり、スピリットで学ぶ決意をいたしました。今思えば、数年前にレッスンを受けたのは、このティーチャートレーニングと元々ご縁があったからなんだろうなと勝手に感じています。

【⑥スピリットで学んで良かったと思えることはどのようなことでしょうか?】
アーサナを含めた基礎、哲学、解剖学等、それぞれの専門のプロフェッショナルの先生方が集まっているので、深く学べるのはもちろんのこと、先生方が真剣に真正面からぶつかって来てくださる感覚があったので、常に授業に引き込まれていましたし、私達に合わせて分かりやすく伝えて下さったことがすごくありがたいなと感じていました。また、課題内容は決して簡単ではなく、難しいと感じることも多々ありましたが、一緒に学びを深めたいと思える、心強い同期の仲間と出会えたこと、心置きなくヨガの話を共有でき、偽りない自分自身をさらけ出せる環境で学べたことが何より良かったと感じています。

【⑦今教え始めて一番うれしいことは何ですか?】
ティーチャートレーニング前は、ヨガは魅力的なのは分かっているけれど、何が魅力なのか、どう伝えたら良いかが分からずにいました。でも、学んだ後は、自分がヨガのどんな所が好きで、何を伝えていきたいのか、それを知れたことと、自分の言葉で伝えられるようになれるようになったのは嬉しく思います。また、レッスン後に生徒さんから反応が返ってくるのが新たに私自身に気づきを与えてくださり、よりヨガを学びたいという意識を持たせて下さることも嬉しいですね。

【⑧スピリットで学んだことで、今一番活かせていることはどんなことですか?】
ヨガを教える為の技術と知識を学べたことは、もちろん生かし続けたいと思っています。でも、スピリットのティーチャートレーニングは、ただ技術や知識を学ぶだけでなく、自分自身のことを知るきっかけをたくさん与えてくれました。
今まで様々な環境で過ごす中で、積み重なってできた身体や心の癖を知る機会は、普段の生活の中ではなかなかなく、そこに気づきの目を向けることは、私にとってはとても難しく、でもとても大切なことで、これからも必要なことだと感じています。自分自身を大切にし、自分自身が何をしたいのか、どう生きたいのかという、本来の自分の感覚に寄り添い続ける姿勢。この姿勢はヨガの場面だけでなく、普段の生活に生かしていきたいです。

全米ヨガアライアンス200時間認定
全米ヨガアライアンス200時間認定

スピリットヨガスクールを卒業された生徒さんたちは、MAI先生のように全国各地もしくは世界各地でインストラクターとして活躍されています。スピリットヨガスクールの全米ヨガアライアンス200時間認定講座は卒業後にすぐにインストラクターとして活躍できます。各カリキュラムごとに専門の講師をお招きし、この講座でしか受けれない内容の深い講義になっています。だから、卒業後すぐに第一線で活躍できるのです。ぜひ、一度無料説明会へお越しください。

ヨガフェスタ横浜 2019

簡単予約&簡単支払いシステム登場!!

スピリットヨガスタジオ大阪