日本語 / English

陰ヨガインストラクター養成コース モジュール2 
経絡シリーズ:~3つの体~ 26時間認定  
with Sebastian & Murielle(大阪)2019年

event image

【全米ヨガアライアンス認定】4日間集中コース


■2019年4月12日(金)〜4月15日(月) 開催決定!!

~自らの潜在力を解き放ち、陰ヨガに対するインスピレーションに磨きをかける〜

コースについて

経絡と陰ヨガのアーサナを結びつける一番わかりやすく簡単な方法。それは、12経絡や6 対の経絡に沿って見るのではなく、体を前面の層(太陰/陽明)、中央の層(厥陰/少陽)、後面の層(少陰/太陽)という三つの層、と経絡の流れに分けた考え方です。
この三つの層の考え方を陰ヨガのプラクティスに掛け合わせていくことは、単純化した経絡ネットワークの理解をもとに、気・エネルギーの観点からヨガの練習、指導を行っていく素晴らしい手助けとなるでしょう。

このモジュール2トレーニングで陰ヨガと中医学を一緒に幅広く学びませんか?


★RYT200時間の資格をお持ちでない方もご参加いただけます★

サンプルスケジュール

1日目
(午前)実践:ヨガの道(タオ)/座学 :十二経絡
(午後 )座学:身体の三つの層/実践:後面の層

2日目
(午前) 実践:中央の層/座学:中国伝統医学の古典的考え方
(午後 )座学:現代の経絡理論/実践:前面の層

3日目
(午前)実践:三層/座学:経絡マンダラ
(午後 )座学:経絡の深さ /実践:三層

4日目
(午前)実践:ヨギの選択/座学:経絡時計
(午後 )座学:質疑応答/実践:ヨギの選択

モジュール2陰ヨガトレーニングの受講について

※セバスチャン先生のモジュール1コースを受けた生徒さんは継続してモジュール2を受講することをお勧めします。


質問:
モジュール1コース未受講でも、モジュール2コースに受講可能ですか?

-受講可能です。

モジュール2陰ヨガTT経絡シリーズでは中国伝統医学の伝統に基づき、経絡の陰ヨガアーサナへの応用を学びます。ですので陰ヨガの原則や実践についてある程度の知識があることが望ましいですが、必須条件というわけではありません。但し、このコースでは陰ヨガのポーズ自体ではなく、中医学に焦点を当てて進めていきますのでその点をご理解の上お申し込みください。
【詳細】


日程:
2019年4月12日(金)~15日(月)
9:00-17:00(1.5時間ランチタイム含む)
*全日程参加必須となります。
場所:スピリットヨガインターナショナルヨガスクール 5F
通訳:英語から日本語への通訳あり
テキスト:日本語のテキスト込み(お一人に1冊)
料金:
価格:¥92,000+税

※ご入金後のキャンセルはご返金致しかねますのでご了承くださいませ。

認定書について: IMG_3800.JPG


【全米ヨガアライアンス500時間の26時間認定】
講師:Sebastian Pucelle & Murielle Burellier
定員:30人(開講最少人数15人)
持ち物:着心地の良いヨガウェア、筆記用具、水

*録画録音機器の持ち込みはできません。
*ヨガマットは無料で貸出しいたします。

●プロフィール

Sebastian Yin-Yoga.jpg Sebastian Pucelle

セバスチャンは1995年より、ヨーロッパやアジア、アメリカで、アシュタンガヨガ、ハ タヨガ、陰ヨガなど、国際的にヨガを学んできました。さらに25年以上にわたる武道や指 圧、ヨガと瞑想の経験が、セバスチャンの陰ヨガ研究に磨きをかけています。それによって、 澄んだ心を育て、開発するホリスティックなライフスタイルを維持・促進してきました。西 洋の解剖学と経絡論のアプローチを統合することで、陰ヨガのプラクティスは心理的・精神 的システムにとって強力なヒーリングとなります。 2006年、ロンドンでサラ・パワーズに陰ヨガを師事し、セバスチャンは彼のヨガをより 瞑想的なものにするよう触発され、彼の関心は静かなヨガを学ぶことに向けられるようにな りました。セバスチャンはその後もポール&スージー・グリーリー(陰ヨガの創設者)の豊 かな経験から楽しんで学べる教授法を学び、タイのサムイ島で行った彼らの最後のトレーニ ングではアシスタントを務めました。 セバスチャンの指導は療法士(資格のある指圧師)としての8年の経験、そして躰道(日本 の武道)の黒帯2段を持つ武道10年の経験により高められています。
セバスチャンはまた、仏教の研究にも大きく影響を受け、アジアやヨーロッパ、アメリカで 多くの瞑想に参加しています。2002年よりセバスチャンはヴィパッサナー(ゴエンカ式) とサマタ瞑想(アヤ・ケマとパク・オーク・サヤドー式)、ジャーナに主に情熱を向けてま す。 彼の陰ヨガワークショップには、「陰ヨガ:基礎」、「陰ヨガ:経絡シリーズ」、「ヨガの 道」、「陰ヨガ:シークエンスのアート」そして「陰ヨガと瞑想」などがあり、50時間およ び100時間の「陰ヨガ・インストラクターコース」も開催しています。 セバスチャンのヨガへの情熱は、洞察力がある独特のアプローチにより、ビギナーからヨガ 講師まで、影響を与えています。 アジアにベースを置くセバスチャンはアジア全体でワークショップを行い、2012年から はヨーロッパでも陰ヨガを広めています。




Murielle Burellier


Murielle Yin Yoga.jpg ミュリエルのヨガの旅は、90代、ロンドンの古本屋で古いヨガの本を見つけたときに始ま りました。深い興味をそそられ、彼女はその後ハタヨガ、アイアンガーヨガ、プラーナフロー などさまざまなスタイルを経験し、2004年に国際シバナンダ・ヨガ・アシュラムにてヨ ガ講師として認定されました。 2009年よりミュリエルは、シンガポール、タイ、アメリカでポール&スージー・グリー リー(陰ヨガの創設者)に師事し、陰ヨガへの理解とプラクティスを深めながら、彼女生来 のシャープな直感でスピリチュアルな道についての知識を発達させてきました。ミュリエル は日々陰ヨガを体験することで、存在の3つの側面(肉体的・エネルギー的・精神的)にお ける陰ヨガの価値を捉え、実感しています。 瞑想的・静観的アプローチに自然に惹きつけられ、ロンドンで密教の金剛頂経を5年以上研 究した後、ミュリエルは仏陀の教えに何よりも共感を覚えるようになり、陰ヨガのプラクティ スを使ってスピリチュアルな道の追求を行ってきました。彼女のアプローチは呼吸に焦点を あて力を抜いて行う穏やかで思いやりの溢れるもので、陰ヨガの本質を包含しています。 彼女はまた、プジアトゥティ・シンドゥのもと産前・産後ヨガも学び、この出産の大事な時 期、満ち足りてコネクションを感じて過ごせる安全なクラス環境を提供しています。 現在東南アジアにベースを置くミュリエルは、多くのヨガスタジオでヨガを指導し、またさ まざまなヨガイベントでセバスチャンをアシストしています。




yoga_alliance_side_banner_2014_jpn.jpg