1. HOME
  2. 特集
  3. ~ヨガとは生活そのもの~KUMI先生

SPECIAL

特集

~ヨガとは生活そのもの~
KUMI先生

スピリットヨガRYT200時間の卒業生であり、現在E-RYT200時間を取得。
レギュラークラスは大人気でいつも満員。
KUMI先生
Special Interview

スピリットヨガスタジオが開催する全米ヨガアライアンス200時間認定インストラクター養成コースでも『ティーチングスキル』を担当し、京都にスタジオをオープンされたKumi先生。パワフルなクラスを楽しく、そして分かりやすく指導されている先生の限定インタビューをぜひチェックしてください!!

Q.1 自身の紹介をお願いいたします。

kumiと申します。
ハタヨガの指導を軸に女性の身体やヨーガの世界観の学びも続けています。

Q.2 先生がヨガを始めたのは、いつ、どこでですか?理由は何でしたか?

2004年サンフランシスコへ渡米中ヨーガに出会いました。
いつも通っていた公園で行われていた外ヨガを見て興味を持ちました。

Q.3 ヨガとは何ですか?

わたしにとってのヨガは生活そのものであり、
ヨガを深めることで、違いを認められるようになりました。

Q.4 ヨガインストラクターとして健康的なバランスを保つために、日常生活で心がけられていることはどんなことですか?またどんなヨガの練習をされていますか?

わたしは夜は早く寝て、朝早く起きるという生活が体に合っているので、
そのような生活をするようになりました。
料理が趣味なのでおいしくたのしく食べられるように工夫しています。

ハタヨガの練習は、基礎の練習をベースに月に2回アドバンス練習会という練習会を開催しており、複雑なポーズも練習しています。

Q.5 今、勉強していることは何ですか?

南インド料理を勉強しています。
趣味ではじめたものですが、ヨーガとの関わりも見つけたり、とても楽しいです。

Q.6 おすすめの本は何ですか?

シェリーケーガン著 「Death」
死とはなにか?を書いた哲学書です。
友人が脳死状態になってから自分の死のことを前向きに考えるきっかけをもらい、最近このような本を好んで読んでいます。

Q.7 ヨガを教えるときに、いつも心に留められていることはありますか?

信念を持つこと。

Q.8 Kumi先生はスピリットヨガの全米ヨガアライアンス200時間コースを卒業されていますが、その時の経験はどうでしたか?

仲間たちと一緒に練習したり、ディスカッションをすることにより多くのことを学びました。

Q.9 そして、現在、スピリットヨガでの全米アライアンス200時間コースの講師をして下さっていますが、どんなことを教えて下っていますか?

ハタヨガの指導者として必要な資質と、シークエンスの構成を教えています。
トレーニングに携わらせていただき、さらに多くのことを生徒さんたちから学びました。
生徒さんが受け取れる情報量を考え伝えていくことも指導者として大切な能力であることに自身も気づき、それをまた生徒さんたちに伝えられるよう次回のトレーニングを楽しみにしています。

KUMI先生ありがとうございました。
合掌

Interview by Haidar Ali

Kumi先生はスピリットヨガの全米ヨガアライアンス200時間コースでティーチングスキルの講義を担当して下さっています。
→全米ヨガアライアンスの詳しい内容

Kumi先生のワークショップ、イベント、ティーチャートレーニングの最新情報は・・・
→こちらをご覧下さい。

KUMI

2004年、サンフランシスコに渡米したときにヨガに出会う。帰国後、京都と大阪のスタジオでヨガの練習をしていた時、彼女自身の睡眠・精神障害をきっかけにヨガを深く学び始める。彼女は瞑想、アサナ、そしてプラナヤマの練習を通して体のポジティブな変化に非常に感銘を受け、 現在もヨガの学びを続けている。

最新特集

スピリットヨガスタジオの最新情報