アシュタンガマイソールとは?

「マイソールスタイル」とは、インドのマイソールでシュリ・K・パタビジョイスが教え伝えたアシュタンガヨガのプラクティス方法で、病気の治癒と能力の向上に効果的なアサナ(ポーズ)を連続的にいます。伝統的に生徒は毎日プラクティスを行い、アシュタンガシステムを構成する様々なシークエンスを覚えて各自のプラクティスを向上させます。

マイソール・メソッドによるアシュタンガヨガのクラスはグループで行いますが、生徒は各自のプラクティスを進め、先生が各生徒の可能性などの状態を判断してこのシステムを教えていきます。このような理由から、生徒は長い観点でプラクティスを続ける決意を持つ必要があります。アシュタンガヨガは、いわば科学です。幾年もの月日を重ねて教え伝えられるものです。

大阪で初めてのマイソールクラス

<スピリットヨガでのマイソールクラスは、インドのマイソールにあるKPJAYI(Shri K Pattabhi Jois Ashtanga Yoga Institute)の教えに基づいています。マイソールの練習は毎週日曜日のレッドクラスを含む、週に6回あります(新月と満月の日を除く)。何年も練習している練習生もいれば、マイソールの練習を始めたばかりの練習生もいます。

ですから、初心者の方でも、来る事を躊躇わないでください。誰もみな、最初は同じ様に初心者です。また、どこかで既に練習している方も、まだ探求する長い道のりがありますので是非参加してください。教え方は伝統的なマイソールスタイルです。柔軟性も筋力も必要条件ではなく、一貫性と忍耐力が欠かせません。

生徒は自分の能力に応じて段階的にアシュタンガの順序を教わりますので、誰もが指導者から個別の指導を受けます。

難しく考えず、しかし、真摯に…事前に設定した目的はありません。我々は達成するために何かを探しているわけではないからです。それとは対照的に、私たちは静かに自身の内側へと深く深く向かいます。

<私は香港出身です。私は2005年からヨガの旅を始め、大阪に来る前は香港の常勤のヨガの先生でした。教える事に加えて、私は皆と同じ練習生で、毎日マイソールの練習をしています。私は毎年インドのマイソールのシャラに戻り、K Pattabhi Joisの孫、KPJAYIのディレクター、R Sharath Jois先生と一緒に学びます。私の最初のマイソール旅は2011年で、2015年にSharath jiからアシュタンガヨガを教える承認を得たことに感謝しています。

芽が出るには土が必要な様に、練習には鍛錬と一貫性が必要です。

土壌がなければ、芽が成長することは出来ません。

その構成は、アシュタンガヨガのヴィンヤサとトリスターナは、苗木の根のようです。芽にとって根は基盤であり、生命維持に必要な支えです。根が深くなればなるほど、芽が植物になるためのよりしっかりとした基盤になります。何年もの年月を経て、植物は季節や環境の変化に対応し、克服することができる様になります。何年も後、植物は必要な人々のために果実や避難所を惜しげなく提供する樹木になります。

皆さんと同じ様に、私はアシュタンガを誠心誠意練習することを決めるまで、ヨガの旅の始まりには迷う事もありました。今は練習が私の生活の一部となり、私は毎日共に生きています。素直に私達の周りの善性に視野を向け、今この瞬間に注意を払ってみてください。

生徒さんの声

  • Kevin(香港)
  • Phyllix Leung(香港)
  • Aster So(香港)
  • みなみ(日本)
  • ゆかこ(日本)
  • くみ(日本)

スピリットヨガスタジオには、大阪に立ち寄ると必ず行きます。ここの生徒さん達は、フレンドリーで外国人に親切に接してくれます。そして…ここの香港からの指導者レイチェルに感銘を受けました。レイチェルは、繊細な指導とアジャストを下さいます。定期的にアシュタンガヨガをするならば、ここに通う事を強くお勧めします。ここでの朝のマイソールクラスが好きになるでしょう。

マイソールの練習をするならば経験豊富な指導者に師事する事が重要です。なぜなら、生徒の進捗状況や身体の状態を解っているからです。幸運にも、私は2年前にレイチェルに出会いました。レイチェルは、本当に私の事をよく理解していて、私の足りないもの、私をやる気にさせる方法を知っています。私は、活力を与えくれ、常にマットに立ちたいと思わせてくれる先生が好きです。それがレイチェル先生なのです:)

レィチェル先生は、生徒たちの個人的な強さと弱点がよく分かって下さって、それに基づいて、詳しくご指導されています。先生の元で、私の目差すアシュタンガヨガの道がはっきり見えてきて、今しっかりとした基盤を作っているところです。先生によると、アシュタンガヨガは別々のASANAだけではなく、自分の内面に向かい合うことが大切だそうです。アシュタンガヨガにより、私は自分の弱さに気づくことができて、もっと強くなりました。

レィチェル先生と出会えた事に本当に感謝しております。

“私が数週間の間に感じたことは、いかに自分が雑に練習していたかとゆうことに気付かせて頂いたことです。 そしてやっぱりアシュタンガヨガが好きやな~!と改めて再認識でき、Rachel 先生に感謝です! (英語力無くて、理解悪すぎて申し訳ない時もありますが…) 素晴らしい先生とスタジオで練習ができ幸せです♡

Rachel 先生は、心に響く素晴らしい指導をされていると日々感じています。 (言葉の壁もあり、全て理解出来ているか自信のないときもありますが、仲間が丁寧に伝えてくれて本当に助かっています) Rachel 先生との心の繋がりをもっと深め、この貴重な時間と機会を皆で共有していければと思っています。

『急がなくていい、ゆっくり丁寧に』と、あるポーズが出来ない時 Rachel 先生に言われます。 アーサナを先生にアジャストしてもらう前に、自分で出来ること。 自分にしかわからないカラダの一つ一つのパーツの動きや深い呼吸など、自分自身を観察し自立した練習ができるような指導をし てくださいます。Rachel 先生には、「自分でやる楽しさ」を教えてもらっていて感謝しています!

Rachel Wong

2016年12月まで、香港のPure Yogaでアシュタンガをはじめ、Pre-natal yoga、ハタヨガなどを指導。またシニア世代やケガをされた生徒さんへの指導もされてきました。
2005年より続けていたヨガのプラクティスから、私はさらに深くヨガを探求し、特にその矛先は、アシュタンガヨガへと向けられていきました。アシュタンガヨガが、この上なく勤勉さと献身を私に求めるからでしょう。それは本当に自然に、古くから続くアシュタンガヨガの世界へと心の底から夢中になるように私を導いてくれました。

そんなアシュタンガヨガの “指導系統(Lineageリネージ2)”に敬意を表し、2011年に私はインドのMysoreを訪れ、そこでKPJAY DirectorであるR. Sharath Jois氏のもとで練習し、自身の学びを深めていきました。そしてその伝統的なアシュタンガのプラクティスへ深く傾倒し、それ以降も毎年訪れるようになりました。2015年初頭には、KPJAY正式指導者Level2をR. Sharath Jois氏から授かりました。呼吸の流れを重視する基礎の根幹に沿って私は指導するようにしています。そして、この基礎を取得することが、ボディとマインドの調和を可能にすると私は信じています。

ヨガを通し、意義深くそして美しく、私たちの人生はさらに豊かになっていくでしょう!

マイソールクラスを
初めてご利用されるお客様へ

はじめてマイソールクラスに参加をご希望される方は予約希望日3日前までにスタジオまでお電話かメール(info@spirityogastudio.com)でご予約をお願いいたします。

LEDクラスは感染予防の為、定員を14名までとしております。マイソールメンバー以外は要予約(3日前までにスタジオまでお電話ください)

『ご利用規約』
・お客様は自己責任と危険負担において、本スタジオ施設を利用するものとし、技量を越えた行為および危険行為は行ってはならないものとします。
・他のお客様と協調して、本施設を利用するものとします。
・本スタジオはお客様が施設利用中に生じた盗難、紛失、怪我その他の事故について、本スタジオ、インストラクターに故意または重過失がない限り一切の責任を負いません。
・本スタジオ内外でのトラブルについても同様とします。
・インストラクターのやむを得ない事情によりスケジュールが変更となる場合や、台風、大雨などで公共交通機関が運休し、お客様、インストラクター、スタッフの安全が確保できない理由で休講措置を取る場合がございます。
・レッスン前の飲酒、許可のない物販の売買や勧誘行為、営業行為、他人への中傷、迷惑行為、暴力行為、ストーカー行為などが見受けられた場合、ご利用をお断りさせていただくことがございます。